ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズフィールドサービス

MEDIAEDGE-SWT4のイメージ

MEDIAEDGE-SWT4

パソコンをMEDIAEDGEの再生端末として利用するためのソフトウェアです。

モデル 型番
USBキー認証モデル ME-SWT4-DJ
サーバー認証モデル(2ライセンス) ME-SWT4-S2
サーバー認証モデル(3ライセンス) ME-SWT4-S3
サーバー認証モデルには、ボリュームライセンスをご用意しています。詳しくはお問い合わせください。

WEBブラウザを利用して映像を再生

WEBブラウザを利用してコンテンツの選択や再生/停止が行えます。ActiveXコントロールで構成されているので、アプリケーション開発への応用が可能です。

レイアウト表示が可能

DCM(Display Content Manager)クライアントライセンスが付属。静止画や音声、Flashアニメーション、HTMLなどを組み合わせた表示を行えます。高性能なPC端末を使用することで、セットトップボックス以上の表現力を発揮することが可能となります。

レイアウト表示が可能

環境に合った認証方式を選択可能

認証にはUSBキーを使用。設置場所や運用ポリシーのためにUSBキーを使用できない場合には、MEDIAEDGE Server経由で認証を行うモデルをお選びいただけます。

仕様

仕様
対応形式 映像 SD/HD: MPEG1/2*、H.264、
QucikTime movie、
Adobe Flash video(要プレイヤーインストール)
静止画 JPEG、BMP、GIF(透過対応)、PNG(透過対応)
表示可能レイヤー数:最大16(PC性能に依存)
音声 WAVE(PCM形式)、MP3
同時再生可能数:4
その他 HTML表示可能レイヤー:最大4
テロップ(テキスト/RSS)
表示可能レイヤー:最大2(PCスペックに依存)
*
Display Content Manager使用時にはMPEG1の再生は非対応となります。

動作環境

Display Content Manager もしくは MEDIAEDGE Serverが動作するネットワークシステムが必要です。デジタルサイネージ機能を使用する場合には、以下の環境が必要です。

動作環境
CPU Intel Core 2 Duo 3GHz以上 (Core i7 2.66GHz以上を推奨)
メモリ 1GB以上 (3GB以上を推奨)
CD-ROMドライブ ソフトウェアのセットアップに必要
ネットワーク 100Base-TX以上
サウンドシステム ステレオ出力
グラフィックシステム DirectX9対応、256MB以上のVRAM(512MB以上のVRAMを推奨)
USB端子 ハードウェアキー(ドングル)の装着に必要
(サーバー認証モデルでは不要です)
対応OS Microsoft Windows Vista Ultimate / Buisiness/Enterprise 日本語版 + SP1
Microsoft Windows XP Professional 日本語版 + SP3
必要動作環境は、H.264x1、静止画x1、テロップx1を使ったサイネージを、推奨動作環境は、H.264x4、静止画x4、テロップx2を使ったサイネージを実現するための目安です。上記の条件を満たしているすべての環境での動作を保証するものではありません。

サーバー認証モデルで必要となる「認証サーバー」の動作環境

CPU Intel Xeon/Pentium/Celeron 1GHz 以上
メモリ 512MB以上
CD-ROMドライブ ソフトウェアのセットアップに必要
ネットワーク 100Base-TX以上
USB端子 ハードウェアキー(ドングル)の装着に必要
対応OS Microsoft Windows Server 2008 日本語版

製品構成

  • CD-ROM
  • USBドングル(USB認証モデル)
  • DASドングル(サーバー認証モデル)
  • マニュアル

MEDIAEDGEの構成(セットトップボックス)に関する
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ