ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズフィールドサービス

MEDIAEDGE-STB

MEDIAEDGE Serverからストリーミング配信されるコンテンツを映像/音声信号に変換する専用端末です。MEDIAEDGE-STB4HはコンポジットとHDMI の、MEDIAEDGE-STB4はコンポジットとコンポーネント、HDMIの出力端子をそれぞれ備えています。

MEDIAEDGE-STB4

MEDIAEDGE-STB4

ユーザーインターフェース

WEBブラウザを使ったコンテンツ選択用メニュー画面は、サーバーソフト上でHTMLを変更することで好みのデザインにカスタマイズすることができます。

ユーザーインターフェース

DCM(Display Content Manager)クライアントライセンスが付属

DCMによる表示を行うためのライセンスが付属。映像だけでなく、静止画やテロップなどを組み合わせた表示を可能にしています。

HD ←→ SD コンバート機能

アップ/ダウンコンバート機能により、HDの映像コンテンツをSD対応モニタに表示させることができます。(HDMI出力は、SD/HDに対応しています。SD映像をそのまま再生することもできますが、アップコンバートして出力することも可能です。)

MEDIAEDGE-STBの仕様・製品構成

STB4 STB4H
対応するサーバー MEDIAEDGE Server
対応するライブエンコーダボックス MEDIAEDGE-LEB60・LEB4
対応形式 映像 SD/HD: MPEG2, H.264,
Adobe Flash video*1
音声 MPEG Layer1, MPEG Layer 2
出力端子 SD映像信号 480/59.94i(NTSC形式)、576/50i(PAL形式)
HD映像信号 1080/59.94i, 1080/50i, 720/59.94i, 720/50p 1080/59.94p, 1080/50p, 1080/59.94i, 720/59.94p, 720/50p
SD出力端子 ビンジャック(コンポジット)×1, BNC(コンポーネント1系統:Y/Pb/Pr) ピンジャック(コンポジット)×1
HD出力端子 HDMI端子×1
BNC(コンポーネント1系統:Y/Pb/Pr)
(SDとHDのコンポーネント端子は共通)
HDMI ver.1.3 端子×1
オーディオ出力端子 アナログ ピンジャック(ステレオ1系統)
デジタル ピンジャック(同軸SPDIF)
ネットワーク端子 100Base-TX、1000Base-T、Ethernet/IEEE802.3フレーム形式に準拠、オートネゴシエーション対応、フルデュプレックス対応
シリアル端子 RS-232C(D-Sub 9ピン:オス)×1
デジタルサイネージ機能 レイアウト表示(SMIL)
静止画(JPEG, BMP, GIF, PNG)
フラッシュコンテンツ(SWF)
テロップ(テキスト/RSS)
Webブラウザ(html)
最大消費電力 30W 35W
リモコン 赤外線受光部×1、リモート制御用ミニジャック×1 赤外線受光部×1
本体サイズ(端子、突起物、ゴム足含まず) 288(W)×215(D)×44(H)mm 215(W)×190(D)×44(H)mm
質量(本体のみ) 約1.5kg
製品構成
  • MEDIAEDGE-STB4本体
  • ACアダプタ/ACケーブル
  • リモコン
  • マニュアル
  • MEDIAEDGE-STB4H本体
  • ACアダプタ/ACケーブル
  • リモコン
  • マニュアル
*1
Adobe Flash videoはDisplay Content Manager使用時のみの対応です。また、Adobe Flash videoの再生には制限があります。

MEDIAEDGEの構成(セットトップボックス)に関する
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ