ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズフィールドサービス

MEDIAEDGシステムの中心となるサーバー。10Mbpsの映像で最大10本の配信と収録を、本体内蔵のストレージで行うことができます。

配信できる映像の本数は当社における検証値であり、性能保証値ではありません。ネットワーク環境やシステム構成によって異なります。

MEDIAEDGE Server

コンテンツ管理が容易

WEBブラウザ上で動作し、コンテンツ登録、スケジュール作成、各種制御・監視などを行う「サーバーコンソール」。表示内容や操作方法のカスタマイズも可能です。データベースの内容の表示/追加/変更と、サーバーサービスの制御も行います。

クライアントのメニューを自動更新

データベースの情報から、クライアントが表示するWEBページを作成。新しいコンテンツをデータベースに登録すると、クライアントのメニューが自動更新されます。クライアントメニューにユーザーIDの入力項目を追加するようなカスタマイズも可能です。

再生をしながら設定変更が可能

スケジュール再生時には、配信を停止せずにスケジュールの設定、変更が可能です。シームレス再生機能はコンテンツのつなぎ目を感じさせません。複数チャンネルの配信・管理を行うことができます。

ライブ配信時の同時録画も可能

ライブエンコーダーボックスMEDIAEDGE-LEBシリーズから取り込んだ映像を配信しながら、サーバーに蓄積することができます。また、MEDIAEDGE-LEBからのユニキャスト映像を複数のセットトップボックスに配信する中継機能も備えています。

MEDIAEDGE Serverの仕様

対応形式 ビデオオンデマンド, スケジュール再生 [SD] MPEG2, H.264
[HD] MPEG2, H.264
ライブ配信 [SD] MPEG2 (MEDIAEDGE-LEB60)
[SD/HD] H.264 (MEDIAEDGE-LEB4)
対応するセットトップボックス MEDIAEDGE-STB4, MEDIAEDGE-STB4H
対応するPC用ソフトウェア MEDIAEDGE-SWT4
対応するライブエンコーダボックス MEDIAEDGE-LEB4, MEDIAEDGE-LEB60
OS Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition (x86/5CAL) 日本語版
CPU Intel Xeon E5530
チップセット Intel 5520
メモリ 2GB(最大 144GB)1066MHz DDR3
ストレージ 1TB 3.5インチ ニアラインSASハードディスク(7,200回転)x 6台(RAID5 ホットスペア 1で運用)
データ用ディスク実容量 約3,636GB
光学ドライブ SATA DVD-ROM
ネットワークコントローラ 1000BASE-T (100BASE-TX/10BASE-T対応)x 6
出荷時の有効ポートは1
インタフェース ディスプレイ アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)×1
シリアル RS-232C(D-Sub 9ピン)×1
USB フロント×2, リア×2(1ポートをUSBドングルで使用)
最大消費電力 570W(冗長構成)
環境温度/湿度 温度 動作時:1時間当たり最大10℃の温度変化で10℃〜35℃
保管時:1時間当たり最大20℃の温度変化で-40℃〜65℃
湿度 動作時:1時間当たり最大10%の湿度変化で20〜80%
(結露しないこと)
保管時:1時間当たり最大10%の湿度変化で5〜95%
(結露しないこと)
外形サイズ 2U ラックマウントシャーシ
483(W)×720(D)×87(H)mm 
質量 約25kg

製品構成

  • MEDIAEDGE-Server本体
  • 電源ケーブル×2
  • USBキー
  • キーボード
  • マウス
  • スペックシート
システム構成により、記載の仕様が変更される場合があります。

MEDIAEDGEの構成(サーバー)に関する
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ