ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズフィールドサービス

システム導入のメリット

指静脈認証型鍵管理システムの導入でお客様のお悩みを解決します。

鍵の運用管理は営業店に委ねられているため、全社的な状況を把握できていない。また、手作業で管理作業を実施しているため、不正や不備のリスクがある。→導入後:システムで運用管理するため、各店舗の鍵の管理状況を把握でき、不正や不備のリスクを排除できます。各店舗を訪問して実施する監査は、監査部門の作業負荷が大きい。→導入後:各店舗の鍵の管理状況は鍵管理サーバで一元管理されており、監査部門から参照できるため、監査作業の負荷を軽減できます。鍵の使用状況を監査する際、鍵管理装置のログを基に状況を監査し、管理表を作成することに作業負荷が掛かる。使用者権限が変更になった場合も、権限管理表をメンテナンスする手間が掛かる。→導入後:鍵の使用状況を管理表に出力でき、長時間使用などの監査を簡単に実施できます。使用者権限もシステムが自動的に同期するため、非同期などの不備の確認が不要です。使用者の異動や応援(助勤)になった場合、オペカードやパスワードの管理作業に負荷が掛かる。→導入後:鍵管理サーバで一元管理されている指静脈データと人事情報を連携できるため、使用者が異動、応援(助勤)の場合でも、手作業によるメンテナンス作業が不要です。