ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズフィールドサービス

重要資産管理キャビネットとは?

たとえばお客様の個人情報や人事情報、設計図面や債券書類など、徹底した管理が必要な重要な情報を、セキュアで効率的に保存・運用する。それが重要資産管理キャビネットです。

重要資産管理キャビネットの構成


指静脈認証or カード認証型キャビネット


キャビネットにはRFID 受信アンテナを設置し、各ファイルはRFID タグを貼り付けることで管理。

主な特長

  • 「なりすまし」防止

    生体(指静脈)認証だから「なりすまし」を防止します。

  • 扉開閉に権限

    認証した個人に対して、利用不可の扉を設定できます。

  • 利用履歴を正確に

    RFIDが利用履歴を正確に自動で取得してくれます。

  • 台帳のデジタル化

    取得した履歴はCSVファイルで出力が可能です。

  • 棚卸し作業が不要

    RFIDで常に監視を行っており、いつでも状態を確認できます。

  • 書類の位置が正確に

    誤った棚に返却した場合、管理者に通知されます。次の利用者が捜索することがなくなります。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

重要資産管理キャビネットに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ