ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズフィールドサービス

厳正な鍵の管理と運用の効率化を実現!

コピー機のカードや会議室にはじまり、サーバラックや金庫、また車両や金融端末、薬品保管庫など、オフィスには鍵で管理すべきものが多数あります。これらを手書きの台帳で管理したのでは、煩雑な上に記載漏れや改ざんなどビジネスに影響するリスクが高くなります。
日立システムズフィールドサービスがご提供する指静脈認証鍵管理システムは、指静脈を用いた真正性の高い本人認証で鍵の取出/返却状況を一元管理。オフィスのセキュリティと内部統制の強化を実現します。

システム構成

システム構成のイメージ図

特長

指静脈認証型鍵管理装置の概要

指静脈による鍵の管理
キーボックスを指静脈で認証させ、鍵の取出/返却を行います。鍵ごとに返却期限を設定したり、取出者と返却者が同一かをチェックしたりできます。また、重要な鍵は二人認証による取出設定ができます。
鍵の取出/返却情報の履歴を管理
鍵の取出/返却時に、氏名、日時を鍵管理装置が自動で記録。鍵番号、時刻、人名順による履歴管理が、管理用PCにより容易になります。
管理者が利用者を一括管理
管理用PCの管理ツールを使用して、管理者が利用者の登録、削除、変更を一括で処理可能。利用者の登録は500指/台までできます。
ネットワークを利用した柔軟な拡張性
小規模のスタンドアロンタイプから、大規模のネットワークタイプまで、お客様の規模に合わせて鍵管理機を増設可能。また、LAN接続によるリモート管理もできます。

事務作業を効率化

  • カードやパスワードを用いた従来の鍵管理に比べ、認証に用いる媒体の管理が不要になり、管理作業の負担が軽減されます。
  • 鍵の取出/返却の状況や管理権限は、管理PC上で閲覧、設定、および帳票として出力することができます。従来の管理台帳等を用いた手作業での管理に比べ、管理作業やログ監査等の事務作業を効率化できます。
  • 本部の管理PCで、各店舗の鍵の取出/返却状況を管理できます。監査時に各店舗を訪問する必要がないため、監査作業の負荷を軽減できます。
  • 使用者の異動等が発生した場合も、鍵管理サーバで一元管理されているユーザ情報と人事情報を連携させることで、ユーザ情報の移行作業を軽減できます。

ユーザ情報を一元管理

鍵管理サーバで一元管理されているユーザ情報と人事情報を連携できます。鍵管理サーバーから鍵管理装置へ異動等の情報を配信することで、鍵管理装置に登録されているユーザ情報が自動的に更新されます。

機能

取出/返却状況管理

鍵の取出/返却の状況をリアルタイムに確認できます。鍵が長時間取出されていたり、時間外に取り出されたりしている場合には、警告が表示されます。

使用状況画面

取出/返却履歴管理

鍵の取出/返却履歴の検索、表示、印刷が可能です。

取出/返却履歴画面

取出権限台帳管理

鍵の取出権限管理の設定、表示、印刷が可能です。

取出権限台帳画面

監査支援

監査部門で、各店舗の取出/返却状況管理、履歴、権限設定状況などを確認できます。

Webアプリケーションのため、端末には専用プログラムのインストールは不要です。
指静脈認証鍵管理システムは、株式会社日立ソリューションズの製品です。
仕様は予告なく変更される場合がありますので、お問い合わせください。

指静脈認証鍵管理システムに関する
資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ