ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズファシリティサービス

会社沿革
1996年 6月
  • 株式会社でんさテクノ東京を設立(資本金5千万、従業員47名、本社 渋谷区恵比寿)。
1999年 6月
  • 資本金1億円に増資(従業員189名)。
2001年 5月
  • ISO14001(環境マネジメントの国際規格)を認証取得
2003年 9月
  • ISO9001(品質マネジメントの国際規格)を認証取得
2005年 4月
  • 株式会社でんさテクノ東京を存続会社として、株式会社でんさテクノ関西、株式会社でんさテクノ中部と合併。
  • 株式会社でんさテクノ設立(資本金1億円、従業員493名)
2008年 11月
  • プライバシーマークを取得。
2011年 10月
  • 社名を「日立システムズ・テクノサービス株式会社」に商号変更。
2012年 4月
  • 当社を存続会社としてFSテクノサービスと合併(従業員数850名)
2012年 10月
  • 足立区にコンタクトセンター開設。ビジネスサポート事業を強化。
2013年 4月
  • 東北地区・中国地区の事業エリアを拡大。
  • フィールドサービス事業を強化(従業員数1202名)
2013年 10月
  • 関東地区(埼玉、茨城、千葉)の事業エリアを拡大。
  • フィールドサービス事業を強化。
  • 茨城地区にコンタクトセンター開設。
  • ビジネスサポート事業を強化。
2014年 4月
  • 関東甲信越・中部・関西地区の事業エリアを拡大。
  • フィールドサービス事業を強化。
  • 郡山地区にコンタクトセンターを開設。ビジネスサポートを強化。
2017年 4月
  • 株式会社日立システムズファシリティサービスの全事業を承継し、「株式会社日立システムズフィールドサービス」に商号変更。
2017年 10月
  • 京浜地区のビジネスサポート事業体制を強化・拡大。